夏期講習/過去の体験記

初めての場所や事柄に慣れるのに時間のかかる子なので、この3日間の講習で先生やお友達と馴染み、楽しく過ごすことができるか心配しておりました。そんな親の不安をよそに、初日から打解けて意欲的に参加できたようで、本人も楽しかったと申しております。本当に参加させてよかったと思っております。

充実したカリキュラムとポイントを押さえた的確なご指導で、期待以上の講習でした。しかも、子供が負担に感じずに必要な知識を身につけさせる指導方法は、「さすが!」と感じました。

子供にとりましては、この講習で「自信」を持たせていただけたのが一番の成果であったように感じます。もともとお話が苦手ですが、この3日間であいさつの声が大きくなり、皆様の前で発表するときも以前よりモジモジしないでお話できるようになっていました。

先生方のご指導もさることながら、マントの魔法も、子供にとって力添えになったようです。今後も、さらに自分に自信を持ち、積極的になってくれればと思っています。

(私が望むハキハキと話せる子というレベルには、まだ遠いとは思いますが・・・)

私自身も、先生方と実際にお目にかかり、お人柄や子供との接し方を拝見させていただいたおかげで、エスポワールに対する信頼が一層深まりました。今後の子供との関わり方のお手本とさせていただきます。

通学に片道2時間かかるため、通常のクラスに通うことが難しく、実際にご指導いただくのは残念ながらこの講習が最初で最後になってしまいそうですが、参加するチャンスをいただけたことを大変感謝いたしております。

 

普段はお受験などとは全く縁のないどろんこ幼稚園で思いっきり楽しみ、お受験のためのお教室の参加も今回が初めてだったため、親子でとても緊張して望みました。

前日には親の緊張が息子にも伝わったのか、1年ぶりくらい?に夜泣きをしたのでどうなることかとても心配でした。しかし1日目参加後、戻ってきた息子の表情を見て安心いたしました。とっても楽しんだようで、瞳はキラキラしていました。先生方にもメールをさせていただいたのですが、1日目終了後、とても弾んだ声で、「とっても楽しかった。また行きたい!!」と嬉しそうでした。

平日はなかなか主人と話す機会がないのですが、何とかその時間を見つけてエスポワールでの出来事をこのように報告しておりました。「エスポワールでは決まったご挨拶があるんだよ。始めは先生方にこんにちは、ママに行って参ります。そしてお帰りの時にはお友達にさようなら、先生にさようなら、お母様方にさようなら。というんだよ。でもね、ぼくは幼稚園に行く時は、いってきますでいいと思うんだ。行ってまいりますはエスポワールでの決まりごとだからね。あと、ぼくは一人のお友達の好きな色とか好きな遊びとかをみんなに紹介したんだよ。あと輪つなぎを作って電車ごっこをしたんだ。とってもたのしかったぁ。」

そして2日目の課題で7月の出来事を発表することを伝えると、一生懸命考えて、寝る前、朝起きてすぐ、そして仕事に行く前の主人をつかまえて発表の練習をしていました。2日目終了後、「ぼくお友達ができたんだよ」と嬉しそうに報告してくれました。あと1日で講習が終わってしまうことを告げると、「やだなぁ、もっと行きたいよ」といっておりました。お教室まで電車を乗り継いで約30分かかります。近い方なのかもしれませんが普段電車での移動をすることがないのでぐずってしまうのではないか(歩きたくないとか)と心配しておりましたが、むしろ張り切って通うことができました。

前述した通り息子の通っている「**幼稚園」は、集団保育ではなく自由保育の幼稚園です。ですから、このようにみんなで一斉に同じことをする、だとか「○○しなければならない」というような状況が極端に少ないためとても新鮮な体験なようです。エスポワールの先生方のよくお考えになられた指導方法が素晴らしいものであるからこそ、「お勉強」ではなく「楽しい講習」となっているのかと感じました。最終日は劇の見学をさせていただきましたが、息子の中で「自信」という小さな芽が出てきたように感じました。自分の意志をしっかり持ちつつ、周りのことも少しずつ見ることができるようになったようです。

この3日間は私達親子にとって大切な経験となりました。とても良い勉強になりました。どうもありがとうございました。試験を受けるためだけではなく、息子の個性を認めていただききつつ、試験をうまくこなすことができるよう指導していただけるお教室でしたので、息子はますますやる気になっております。この3日間で終わりと思うととても残念で仕方がありません。「もう少し早く・・・」とも思いますが、今の時期だからこそなのかもしれません。いい結果が出ることを願い親子で頑張って参りたいと思っております。どうもありがとうございました。

 

親子共々、初めての体験でしたので、子供には緊張させないよう、みんなと一緒に遊べるところだと言って臨みました。

初日は、やはり緊張していたようで、最後に先生やお母様方にさようならのご挨拶をする時、顔が真っ赤になっていましたが、帰りの電車の中では「楽しかったよ。」と言っていました。

いつも、エスポワールの考え方に夫婦で共感していましたので、夫もこの3日間、講座の経過報告を楽しみにしていたようです。最終日には、子供たちの劇を中に入って見せていただくことができましたが、みなさんとても楽しそうに演じていて、観ている私のほうも、笑顔になりました。楽しそうな様子に思わず、3日間すべての授業内容を覗かせていただきたかったな・・と思ったほどです。

今回の体験が、今後の生活でうまく生かされれば良いなと思っております。最後になりましたが、ご指導下さった先生方、本当にありがとうございました。

 

年長1組を受講させて頂きました。以前から貴校の授業内容に大変興味を抱いておりました事と、行動観察の時のお友達との関わり方に不安がありましたので、受講させて頂きました。

実際に受講してみて感じた事は、親が出来ると思っておりました当たり前の事が出来ていなかった事に気付きました。それは、椅子の座り方、挨拶の仕方など、子供は思わぬ時に思わぬ行動をするものだと改めて感じました。また、お友達とゲームをする場面では、家庭では指導出来にくい事項での様子も知る事が出来ました。

子供自身も毎日、とても楽しく通学する事が出来ました。通常授業も受講させたいと思いましたが、年長は既に締め切りとの事で、残念でなりません。受験まで残り僅かになりましたが、貴校で学んだ事を活かし、最後まで頑張りたいと思います。ありがとうございました。

 

娘は初日から張り切っていた様子で、受講のあと、いつもは食が細くあまり食べないのですが、「おなかがすいた」と言って駅前のマクドナルドに入りハッピーセットをぺろりと食べたので驚きました。(おやつ以外のものを自分から食事外の時間に食べたのは以前スイミングスクールに入った時以来でした)たった一時間半の講習でしたがかなり刺激的だったのではないでしょうか。

正直に申し上げて、娘の場合は元々人前で発表することや、リーダーシップをとって初めてのお友達と先生と仲良くすることは得意でしたので、授業参観もありませんでしたし、どの程度3日間進歩したのかはよく分かりません。ただ、お行儀については普段から決して良いとは言えないのですがエスポワールではかなり気をつけていた様子です。

また魔法のマントはかなり威力があったらしく、詳細にどのようなマントだったかを説明し、「あれを着ると何でも本当にできるようになっちゃうの」と申しておりました。マントの威力は一度着ると脱いでも消えないんだって~と言っている割にはまた今週になったらいつもどおりの目上の方々に対してもフレンドリーな言葉遣いに戻っており、ちょっとがっかりなのですが・・・。

最終日、授業の後に恒例のマクドナルドに入りましたら突然途中で泣き出し「もうこれで終わりなのが悲しいの。またエスポワールに来たい」と申しましたので驚きました。ペーパーもありませんでしたし、娘としては得意分野?の講習でしたのでとにかく楽しかったようです。短い3日間でしたがいろいろとありがとうございました。

 

我が家は家庭の方針もあり、お教室通いをしておりませんでした。周囲の受験に向けて熱心な皆様からはお叱りを受けそうですが、今秋の受験に関しましても、いまだ家庭内で娘、主人、私の方向性が一致しないという状況です。そんな中でも本講習を受講する気持ちになりましたのは、誰より受験に前向きな娘の意志を尊重したかったからです。

3日間の講習を終えまして、率直な感想は参加して良かったということです。幼稚園のお友だちの殆どがお教室通い、この夏は夏期講習参加との前情報がしっかり頭にインプットされていた娘は、自分だけが置いてきぼりのような不安を抱えておりました。しかしながら、この3日間のお教室通いをしたことで、自分もまた皆と同じ土俵に立っているのだという確信が持てたのだと思います。

初めてお目に掛かる先生方、他の幼稚園、保育園とのお友達、お母様方との触れ合いを通して、娘は多くのことを遊び、学び、貴重な経験をさせて頂きました。娘が5歳児として出来て当たり前だと思っていたことが、意外と出来ていないことに気づかされ、親としましては改めて家庭での躾の大切さを痛感いたしました。

小学校の受験についてですが、娘が切に入学を希望する学校は行動観察を重視しております。貴校での経験が活かされることと信じております。(合否はともかくです。)

あっという間に講習は終わってしまい、皆々様方と今後お目に掛かれるチャンスは皆無に等しいと存じますが、今後ともエスポワールのサイトを通して、つながっていけたらと思っております。この度は本当にありがとうございました。

 

ホームページやメルマガを読ませていただいて、指導法や価値観に共感していたとはいえ、実際に来てみるまではどんなところか不安もありました。ですが、エレベーターを降りドアを開けて入ったとたん、先生の暖かい笑顔に迎えられ、それまでの不安は一気に吹き飛びました。優しくかつ溌剌としていて、教室全体がなごやかな明るい雰囲気に包まれていました。ああ、ここなら安心して子供を預けられる、そう実感しました。

我が家では、「お受験」や「お勉強」ということは言ったことがありません。もちろんお教室にも通っていません。こころとからだを育てることを第一に考えて日々過ごしていると、頭を使った「お勉強」はどうしても後回しになってしまうのです。

今回の夏期講習についても、「夏休みだけの特別なお教室に申し込んでみたら、当たったの!そこでは、ゲームやいろんなごっこ遊びや劇など楽しいことをいっぱいするんだって。初めて会うお友達ばかりが集まるから、新しいお友達ができるよ。行ってみる?」と言いました。娘は「やった~、本当?「行く行く!」と大喜び。姿勢やご挨拶の仕方、面接を模擬練習したりと、ちょっと緊張する場面もあったと思いますが、彼女にとって、全ては「遊び」だったと思います。お友達や先生に会いたくて、毎回を心待ちに楽しく通うことができました。

9月からは少し勉強の進度をスピードアップさせて、一応受けてみようと思っている**小の入試に間に合うよう、楽しみながらやってみたいと思います。遅ればせながら、先生方にご相談に乗っていただきたいこともでてくると思います。どうぞ今後共ご指導のほど、よろしくお願いいたします。

最後になりましたが、ご一緒させていただいたお母様方と、待ち時間に一緒にお茶しながら情報交換できたことも、とても楽しく貴重な経験でした。本当にありがとうございました。また、どこかでお目にかかれるのを楽しみにしています。

 

娘はマイペースで人の輪の中になかなかスムーズに入れない事と聞かれた質問に対して貝のように口を閉ざしてしまったり(恥ずかしかったり上手に言わなくてはいけないと思いすぎて言葉がでてこなかったりとその時々に理由はありますが)するので夏休みを利用して夏期講習に参加してみたのですが私の心配はどこ吹く風といった感じで参加された他のお友達とも楽しく仲良くゲームに参加していたようです。

1日目に魔法のマントを着て皆の前に出てそれもマイクを持って自己紹介と他己紹介をこなせた事がとても自信につながったのか帰りの電車の中で「魔法のマントは本当は魔法なんてかかってないと思うの。だってちょっとドキドキしたもの。でも言えたよ!」と話してくれました。授業終了後に1人ずつお友達、先生、お友達のお母様方に「さようなら」をきちんと言えた時には私のドキドキしていた気持ちから「頑張ったね!」と思わず抱きしめて褒めました。お恥ずかしい話ですが普段は怒る事の方が多くその時励まして褒めるという事が実感としてわかりました。

2日目もマントを着て皆の前でまた夏休みの出来事を発表したようですがその日の帰りは「もうマント着なくても言える!」とものすごい自信にあふれていました。先生のコメントには最初は緊張をしていたと書いてありましたので、きっと緊張して発表もしっかり言えたわけではないと思いますが皆の前で言えたという事が娘に大きな自信を与えたと思っております。

3日目の面接も少し考え込む時もあったようですが口を閉ざすという事はなかったようで娘も頑張ったと思いますがそのように行動できたのは諸先生方の素晴らしい指導方法に加え楽しい雰囲気や上手に励ましてくださったからだと思っております。

娘に「知らないお友達や先生とお話する方法ってわかる?」と聞くと「挨拶だよ」という答えがかえってきます。

夏期講習で自信をつけてきたのでこれを無駄にしないように自主的に行動がとれるように私が頑張っていきたいと思っております。また気をつけなければならない事もありましたのでそういった部分もわかりとても良かったと思っております。ただ残念なことは3日間で終わってしまった事です。娘も「もう先生にもお友達にも会えないの?頑張って電車に乗るからまた会いたいな」と申しておりました。仲良くなったお友達とも電車から名残惜しそうに手を振り続けておりました。先生方のご苦労は並大抵ではなかったと思いますがこのような機会を設けて下さり感謝いたします。

 

私どもは娘の性格を考慮し、また大手教室の体験で失望する部分が大きかった事もありましたので、家庭での学習と模試の利用で受験準備を進めておりました。しかし、やはり行動観察面では限界を感じる事も多く、指導に悩んでおりましたので、この度受講させていただけた事は、大変幸運だったと感じております。

先生方のご指導も、実に暖かい眼差しのもと、とても丁寧で的確だと思いました。毎回受講後にいただくチェック表は大変参考になりましたし、総評後に詳しくアドバイスがいただけるのも有り難く感じました。

複数の先生から客観的に娘の課題も長所も見抜いていただき、これから2ヶ月間をどう過ごすか、大きなヒントを得る事が出来ましたので、まさに価値ある3日間でございました。

娘も、たくさん誉めていただいて大きな自信をつけております。この自信を得られただけでも、我が家にとっては通った価値があったと言えましょう。受験を意識する日々の中、足りない部分にばかり気をとられていた私ですが、最終日の劇で、娘の自信に満ちた笑顔を見て胸が一杯になりました。この笑顔と自信を潰さないよう、また先生方からいただいたお言葉を忘れないよう、残りの日々を頑張りたいと思います。

最後になりますが、ご一緒させていただいたお母様方やお子様方も皆さん素敵な方ばかりでした。お陰さまで、母子共々、楽しく過ごす事が出来たことを書き加えたいと思います。先生方、そしてご一緒だったお母様方、本当にありがとうございました。

 

初めての先生、初めての場所、初めてのお友達と一緒で子供が萎縮してしまうかと思いましたが、先生方の優しい笑顔に迎えられ、3日間を楽しく過ごす事が出来ました。

電車好きの息子は、1日目に電車ごっこをしたので、もうそれだけで楽しくなってしまったようです。1日目の感想を聞いた所、『楽しかった』と申しました。2日目の宿題が出ましたので、家で何回も練習をさせようと思っていたのですが、何度も同じ事を練習するのが嫌だったようで、『本番はしっかりやる』という約束をして、あまり練習はしませんでした。でもマントのお蔭なのかわかりませんが、、先生の評価は○でした。発表や発言は苦手だったので、この評価には、親の私のほうが嬉しかったです。

最終日、お友達と仲良く過ごす事が出来るようになり、かなりテンションも上がったようです。楽しそうに帰ってきたので、やっぱり参加させてよかったと思いました。息子はいつも『今日は何をしたの?』と聞いても『忘れた』『わからない』と答える事が多く、今回もあまり講習の内容を話してはくれませんでしたが、先生方のお話しと評価を見ると、子供は自分の力で何とか頑張って勉強したんだなと思いました。親が思うより子供はちゃんと自分で考え、実行出来る力を持っているのだと感じました。

後日談ですが、家族で遊びに出かけた祭、お寿司屋さん(子供が好きな回転寿司です)に行った時の事です。今まではサビを抜いて貰うのに自分からはなかなか言い出せずにいた息子が自分から進んで『すみません、海老のサビ抜きを下さい』と注文したのです。私は驚きました。正直、夏期講習だけでは短すぎて身につかないと思っていました。でも子供は3日間で目に見えない何かをちゃんと得ていたのです。先生の言う『オーラ』が息子にあるのかは、私には残念ながらわかりません。たとえなくても、子供が無理なく受験の日を迎えられればそれでいいのかなと思うようになりました。

エスポワールの先生方、本当にご指導頂き、ありがとうございました。いろいろな角度から評価して頂き、感謝しております。出来るなら直前講習のようなものをもう一度開いて頂けたらと思います。大変お忙しいとは思いますが、どうぞご検討下さい。あまりまとまっていない文になってしまいました。ご容赦下さい。

 

日頃から大変緊張しやすい性格の子で、少しでも人前で話すことに慣れさせたいと思い受講を決めました。

案の定、初日の開講前は「おなかが痛い」「お休みしたい」と言って行くのをしぶっていました。ところが、いったん始まってしまうと「けっこう楽しかった」と言って次の日を楽しみにするようになりました。

これまで「自分で話す」ということの指導には苦労してきました。母親のわたしがほめたりおだてたりして自信をつけさせようとしましたが、子ども本人がやる気を起こしてくれず、あまり効果をあげられませんでした。

ところがこの講座では、お友だちみんなで楽しく取り組んだことがよかったようで、他のお友だちを見ているうちに、ご挨拶をきちんとすること・上手にお話をすることが素敵でほめられることなのだとやっと気づいたようです。そして自分もほめられるようなご挨拶をしてみたいと思い始めたようです。

3日目の劇での子どものセリフも、正直なところ「あらら・・」と思った箇所が多くありましたが、子ども本人はやりとげた満足の笑顔だったので、細かいことは気にするのはやめよう、それよりも堂々とやれたということをほめてやらなくては、と思いました。

先生もおっしゃっていましたが、自分でやれたんだと思うことが自信につながっていくのだと思いますし、その意味で、3日間の短い日程でしたが、いい経験をたくさん得られた意義深い講座だったと思います。また、ご一緒したお子さまたちの生き生きした様子を毎日拝見するのも楽しみでした。みなさまそれぞれのご健闘を心からお祈りしたいと思います。

 

3日間、非常に短いものではありましたが、中身の濃い、それはそれは充実した時間となりました。この春、突然小学校受験を思い立ち、どこの幼児教室にも通わず、家庭での学習のみでやって参りました。母親である私は、帰宅も7時過ぎになることが多く、受験準備もなかなかはかどりません。幸い、私の両親と同居致しておりますので、私の至らない点は補って貰っております。

このような状況ですので、常に不安が付きまといます。そこで、少しの間でも、同じ目的を持つ子ども達と一緒に「お教室」に通うということをやらせてみたく、夏期講習に参加することに致しました。結果は、思った以上のものでした。子どもは3日間、「エスポワール、楽しい!」と言っておりましたし、帰宅すればすぐに、私を生徒に、自分は先生となって、その日にやったことを再現していました。夏期講習の終了後も、毎日胸に名札を付け、出席カードを部屋に飾り、「もっと行きたい!」と言っております。

そして何より、客観的な講評を戴いたことが大きな励みになりました。先ほど申し上げました通り、今までは家の中だけで問題を解いているばかり(それも遅々として進まないのですが)で、特に何もしておりません。ですので、勿論、良くない評価もありましたが、思わぬ好評を頂戴すると、私が余り構ってやれなくても、子どもはちゃんと成長していてくれたのだ、ととても嬉しくなりました。少し欲が出てきてしまったので、この興奮(?)を早く冷まし、冷静な状態に戻らなくては、と自戒しております。

余りにも素晴らしい夏期講習でしたので、もっと早くからエスポワールの存在を知っていれば、と後悔しきりです。結果はどうあれ、本番では、夏期講習で得た自信を持って臨ませたいと思っております。

最後に、今回ご一緒出来た子ども達、お母さま方のご健闘をお祈り申し上げたいと存じます。エスポワールの先生方、本当に有難うございました。

 

エスポワールのメインページに行く