新年度生募集

行動観察では差がつかない時代になった

エスポワールは2004年に日本で初めて行動観察の指導を始めた専門教室です。それ以前はペーパーの専門教室でした。

行動観察が優れているお子さんは小学校の先生に注目されやすく、お陰様で数多くのお子さんを難関校へ合格させることができました。

しかし、近年はどこの幼児教室も行動観察の講座を始めました。

小学校が開催する「幼児教室向けの学校説明会」では、入試担当者から「どのお子さんも行動観察では差がなくなった」というお話を聞きます。

また、非常に落ち着きがなく授業中に教室を飛び出してしまうようなお子さんや、お友だちを叩いてしまうお子さんでさえ、行動観察の特訓によって、入試の時間だけはお行儀良くすることができるので、見分けるのがとても難しくなったそうです。

入試担当の先生からは直接的に・・・

「エスポワールさんのお陰で見分けが付かなくなって困ってます。ハッハッハ!」

という嫌みも言われたことがあります。

「エスポワールさん、どのお子さんも良く見えてしまって困っています。その中でも秀でているお子さんの見分け方はありますか」

と、同じような質問を何校からも聞かれたことがあります。

私は即答で・・・

「子ども同士で話し合いをさせるといいですよ」

と教えています。

話し合いを観察して、リーダー格のお子さんだけを集めたら、それはそれは頼もしいクラス編成になります。

1度の指示で積極的に動いてくれるお子さんが多いと、担任の先生も楽ができます。

皆をまとめることができるお子さんは、将来は学力も伴ってきますし、教室を飛び出したり、学校やお友だちに迷惑を掛けることは皆無に等しいのです。

話し合いが重要になった

行動観察では差がつかないので、難関校ほど「話し合い」が増えてきました。

学校は他校の過去問を集めて翌年の入試の参考にしているので、数校が「話し合い」を導入すると他校もあとに続くのです。

「グループで話し合って何を作るのか決めてください」

「皆で話し合って2つのグループに分かれてください」

「話し合ってグループに名前をつけてください」

「話し合って順番を決めてください」

初対面のお友だちをガツンとまとめることができるお子さんなのか、話し合いに積極的に参加できるお子さんなのか、それともボーッと突っ立ったままでいるのか。

難関校ほど、ボーッと突っ立っていたらお呼びでなくなります。

もちろん、小学校の合格は家庭環境によって大きく左右されますが、話し合いも重要です。

そもそも、皆をまとめられるお子さんは少ない

生まれ持って「話し合い」ができるのは、精神年齢が高く、且つ、初対面のお友だちに対して人見知りをしないお子さんだけです。

エスポワールに入って来るお子さんに、それができるのは10%もいません。その半分の5%もいません。

エスポワールの門を叩くお子さんは、超難関校狙いのお子さんが多いのですが、その中でも大人しいお子さんや、内弁慶のお子さんが目立ちます。泣き虫のお子さんもいます。

超難関小学校にはほど遠いお子さんが多いです。

しかし、年長の夏にはガツンと皆をまとめられるお子さんに変身しています。

家の中と同じくらいにお友だちにガンガンと意見を言うことができます。

キャラクターが変わったなと感じさせるくらいになるのです。

なぜ、幼児には内弁慶が多いのか

普通に育った一般的なお子さんは「話し合い」はできません。

何をどうすれば分からないので、誰もが黙っています。そもそも他人に話し掛けることもしません。

幼稚園や保育園では、とても仲の良い一人か二人のお友だちとお話しをします。

「お人形遊びする?」

「ウンいいよ」

「私この人形ね」

「ウンいいよ」

「私はこれね」

「ウンいいよ」

「ご飯食べるね」

「ウンいいよ」

これは、会話でも話し合いでもないですね。

信じられないと思いますが、幼稚園や保育園の先生ともお話しはしません。

先生から声を掛けられたら返答するだけです。

幼稚園や保育園にいても、先生から尋ねられた一言二言の返答だけです。

そのまま先生とは何も喋らずに家へ帰るお子さんは多いです。

これは会話ではないです。

この様な日常の中で、いきなり入試で「話し合いをしなさい」と言われても無理です。

これも、信じられないと思いますが、大手の幼児教室では幼稚園や保育園と同じく先生とはお話しはしません。

「答えなさい」

「絵を描きなさい」

「○○のときは△△のようにしなさい」

幼児教室の先生が一方的に話して、幼児に返答させるだけです。会話ではありません。

一応、話し合いの授業がある幼児教室もありますが・・・

「みんなは何を作りたい?と誰よりも早く言いましょう」と教えられて、練習をさせられます。

皆に問う言葉を教えてもらっても、内気なお子さんは言えません。

このようにやれと言われても、入試本番の戦場では何も言えません。

繰り返しますが、幼稚園や保育園では先生からの一方的な言葉掛けに対する返答だけです。本来の会話ではありません。

幼児教室でさえ、先生からの一方的な指示に従うだけです。

園でも幼児教室でも、先生との会話はないのです。

園でも幼児教室でも、お友だち同士の会話はないです。

園児にとっての会話は、残念ながらご家庭のみとなります。

家の中では饒舌に話すことができても、外では大人しくなってしまい、モジモジして話せないのはこのためです。

世の中の殆どが、生活環境によって「内弁慶」になるのです。

エスポワールでは何を指導しているのか・・・

園や幼児教室で「仲良く話しましょう」と言っても話せません。

子どもの習性は先生の顔色を伺うからです。

子どもたちは常に先生の顔ばかりを見ていて、お隣の子どもを見ようともしません。

お喋りするな、よそ見するなと教わっています。

園や幼児教室は先生の顔を見るところなので無理もありません。

ところが、エスポワールのオンライン授業では子ども同士の顔がアップになっています。

画面に映る皆が自分を見ていると錯覚するのです。

1クラス5名ですので、他の4名の子どもが自分を凝視しています。

皆に見られているので、逃げも隠れもできません。皆に向かって話すしかないのです。

オンライン授業の最大のメリットはここにあります。

皆が自分に話し掛けていると錯覚します。そして、自分は皆に話し掛けているのです。

このように皆に向かってお話しすることは、園や幼児教室では体験できません。

これが慣れてくると、やがて家族のようにお話しができます。

新しいお友だちが入ってきたり、他のクラスから振り替えのお友だちが来ても・・・

「やあ、○○君、初めてだよね、こんにちは」と普通に言えるようになります。

オンラインの威力は侮れません。強力なのです。

初対面のお友だちと話すことが怖くなくなります。家族と同様にお喋りするようになります。

月に1度のスクーリングで直接顔を合わせても・・・

「ちょっと聞いて、みんな黙って、私にまとめさせて!」と騒がしいです。

このようにエスポワールでは、幼稚園や保育園、幼児教室では変えられないことをやっています。

小学校受験ではオーラのあるお子さんが集います。輝きを競い合う戦場です。

沈黙は金ではなく、そこに存在しないに等しいで、合格もありません。

家では元気いっぱいなのに、外では殆ど喋らないお子さんは多いです。

エスポワールはその様なお子さんを変身させて、合格へ導く日本で唯一のお教室です。

また、新年長さんの在籍者のほぼ全てが、ジャックや伸芽会、スイングなど、他のペーパー教室との掛け持ちです。

エスポワールへの一番のお勧めは新年中さんからです。先天的に厳しい場合を除き、2年あれば確実に変わります。

お子様にもよりますが、遅くても新年長さんからでないと間に合いません。

毎年、入試近くになってから事の重大さに気付かれた方が、助けて欲しいとお問い合わせがありますが間に合わないのです。

授業の最初の頃は先生がメインになりますが、徐々に徐々にお子さんが主役になります。

エスポワールでは行動観察(指示行動・体操・運動・絵画制作)の全般をベースに、入試に強い「リーダー」を育成しています。

講座内容 オンライン

●一般常識

●絵画・制作

●行動観察

●リーダー育成

●面接

講座内容 スクーリング(渋谷駅徒歩6分)

●運動

●サーキット(指示行動)

●歌唱

●模倣ダンス

●演劇

●面接

オンライン授業 + 会場に集まっての対面授業

1週目 オンラインによるグループ対面授業

2週目 オンラインによるグループ対面授業

3週目 オンラインによるグループ対面授業

4週目 スクーリング 渋谷会場(渋谷駅徒歩6分)集合して行動観察

※1ヶ月4回ですが、3回の月もあります

費用 

入会金 22,000円(税込)

月謝  35,750円(税込)※3ヶ月前納

土曜日クラス(この先3ヶ月)日程 青字はスクーリング授業(渋谷会場)

新年長/新年中
11/06・11/13・11/20・11/27・12/04・12/11・12/18・12/25・01/08・01/15・01/22・01/29

日曜日クラス(この先3ヶ月)日程

新年長/新年中
11/07・11/14・11/21・11/28・12/05・12/12・12/19・12/26・01/09・01/16・01/23・01/30

新年度 11月開講

欠員のあるクラス

新年中クラス(現年少) ※他クラスへの振り替え可

土曜日3組(13:00-13:45) あと2席

日曜日3組(13:00-13:45) あと2席

新年長クラス(現年中)※他クラスへの振り替え可

土曜日4組(14:00-14:45) あと1席

土曜日5組(15:00-15:45) あと1席

日曜日4組(14:00-14:45) あと1席

日曜日5組(15:00-15:45) キャンセル待ち

学校説明会や公開模試などご都合の悪い日は、空席のあるクラスへ変更ができます

空席がない場合はご容赦ください

特別選抜クラスへ昇級するお子さんが出ますと空席になります

11月開講(新年度生)入会・体験 申込み

    必須/園児氏名(漢字)
    必須/園児氏名(ひらがな)
    必須/性別
    必須/学年
    必須/入会希望 or 体験のみ
    必須/生年月日 平成
    必須/第1希望のクラス
    必須/第2希望のクラス
    必須/お申込者
    必須/zoomの設定知識
    必須/園の名前
    必須/幼児教室名(又は=なし)
    必須/ご紹介者(又は=なし)
    必須/入室条件 ←下記の条件に該当しないときはここにチェックを入れてください

    1.WEBカメラの前に出ることができない
    2.WEBカメラの前で、大声で騒ぐ・奇声を発する
    3.注意をしてもお友達の発言を遮る
    4.担任の指示に逆らう

    必須/保護者氏名(漢字)
    必須/郵便番号(英数文字)
    必須/都道府県
    必須/ご住所の続きを入力→→
    必須/電話番号(英数文字)
    必須/メールアドレス
    任意/備考欄

    ※メールアドレスが正しいと10分以内に返信メールが届きます(Gmail等のフリーメール場合は「迷惑メールフォルダー」もご確認ください